• HOME
  • 会社案内
  • 事業案内
  • 法令改正
  • リンク集
  • お問い合わせ
創業から100年以上。火災対策のスペシャリストである、初田製作所のグループ会社です。
消火設備の容器弁には、機器点検が必要です。「容器弁の安全性」点検について
2011年 消火器の省令改正等のポイント 1.規格改正による型式失効 2.点検基準改正 3.リサイクルシール有料化
万が一の火災を24時間監視いざという時にはフルオートで自動消火 自動消火システムCABINEXシリーズ

株式会社ハツタテクノ

本社 東京都港区芝大門1-5-10
TEL 03-6452-9803
FAX 03-6452-9833

事業所案内はこちら >

最新PFOS含有泡消火薬剤等の規制について

PFOS(ピーフォス)って、何?

PFOS

一部の泡消火薬剤並びに消火器用消火剤に含まれていた化学物質ペルフルオロ(オクタン-1スルホン酸)又はその塩のこと。

人体・環境への影響

人への健康影響は現時点では報告されていませんが、難分解性であり、環境中に広く分布していることが判明したことから、規制対象物質となりました。

PFOSの規制って何???

ストックホルム条約

残留性有機汚染物質に指定
環境への排出を抑制する規制

日本では4つの法律で規制

  1. 化審法(化学物質の審査及び製造等の規制) ⇒経産省
  2. 化管法(化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進を規制)⇒経産省
  3. 廃掃法(廃棄物の処理及び清掃の規制)   ⇒環境省
  4. 消防法(技術上の基準を定める省令で規制) ⇒消防庁

PFOSの規制っていつから?

改正化審法

2010年4月1日 施行
第一種特定化学物質に指定
製造・輸入禁止、原則使用禁止

技術基準省令

2010年10月1日 施行
保管、表示、点検、取扱等の規制強化

化審法上の義務は?

取扱上の技術基準

  • 保管方法
  • 表示方法
  • 移替え等の作業方法
  • 容器の定期点検
  • 保管数量等の帳簿作成義務
  • 漏出処理等
  • 訓練や点検での放出後の回収

など

消火器編 PFOS含有消火器はどうなるの?

既設置品

継続設置    OK
火災以外の使用 NO
使用後の再充填 NO(薬剤の生産中止)

※放射後の処置
・ ウエス等で拭き取り、回収
・ 廃棄処分するまでウエス、消火剤、本体容器等を密閉容器で保管

※注意
・ 詰め替えや放出試験等で取り出され、別の容器に入れられたPFOS含有消火薬剤は、
  広域認定で取扱いは出来ません。
・ 適切に処理が出来る廃棄物処理業者へ依頼することが必要。

消火器編 消火器の点検はどうなるの?

放射点検

放射した消火薬剤等を布で拭き取る等、回収
作業を行う。⇒容器に薬剤と布等を分別し、
廃棄処分するまでは密閉保管

新品交換(下取交換)

点検の際、交換の計画を提案。
CSR(企業の社会的責任)⇒環境汚染へ配慮
広域認定にて回収、処理が可能となった。

※ 火災時等の緊急時において消火器を使用する場合は、取扱い上の技術基準の対象になっておりません。

消火設備編 PFOS含有泡消火設備はどうなるの?

既設置品

継続設置    OK
火災以外の使用 NO
使用後の再充填 OK(混合使用も可能)
※原則、全量新品(非含有品)への交換をおすすめ
※混合使用する場合は「組み合わせ適合表」を遵守

※放射後の処置

ウエス等で拭き取り、回収
廃棄処分するまでウエス、消火剤等を密閉容器で保管

消火設備編 PFOS含有泡消火設備の点検はどうなるの?

放射点検免除

措置① 設備設置後10年以内
措置② 総合点検実施後3年以内
措置③ 消火薬剤の機能確認後3年以内

10年経過

泡消火薬剤の機能確認(以後、措置③)
※不合格 ⇒ 全量新品(非含有品)への交換
※機能確認(経年変化試験)は弊社へ確認

シール貼付

各種法律による表示が必要

消火設備編 放射点検免除の場合の点検サイクルの例

消火設備編 PFOS含有泡消火薬剤・汚染物の廃棄について

収集運搬、処理委託

PFOSが取扱える処理業者へ委託

排出事業者の義務

処理委託業者へ必要書類を提示
①産業廃棄物管理票(マニフェスト)
②化学物質製品安全データシート(MSDS等)
③廃棄物データシート(WDS)
④その他、処理施設により契約書及び、事前協議等の書類が必要

消火設備編 PFOS含有泡消火設備の調査のお願い

調査目的

日本国内にあるPFOSの削減状況をストックホルム条約の締約国会議で報告するため

調査対象

工場や駐車場に設置している泡消火設備

調査内容

PFOS含有泡消火設備の「場所 、薬剤の種類、容量」

要請内容

①「PFOS含有泡消火設備物件管理台帳」を作成
②「登録済証シール」等を貯蔵槽に貼付
③台帳を提出していただき、物件を登録

台帳提出先

弊社まで