• HOME
  • 会社案内
  • 事業案内
  • 法令改正
  • リンク集
  • お問い合わせ
創業から100年以上。火災対策のスペシャリストである、初田製作所のグループ会社です。
消火設備の容器弁には、機器点検が必要です。「容器弁の安全性」点検について
2011年 消火器の省令改正等のポイント 1.規格改正による型式失効 2.点検基準改正 3.リサイクルシール有料化
万が一の火災を24時間監視いざという時にはフルオートで自動消火 自動消火システムCABINEXシリーズ

株式会社ハツタテクノ

本社 東京都港区芝大門1-5-10
TEL 03-6452-9803
FAX 03-6452-9833

事業所案内はこちら >

法令改正

消防用設備等の点検及び報告

消火器の点検

消防法で設置が義務付けられている防火対象物では、「消火器の点検と報告の概要」が定められています。
消防設備等は、日常使用されず、火災が発生した際にはじめて使用されるものであり、かつ、いつ火災が発生してもその機能を十分に発揮できるものでなければなりません。

■点検と報告の概要
(1) 点検および報告の義務(消防法第17条の3の3)
防火対象物の関係者は、その防火対象物に設置されている消火器具について、総務省令で定めるところにより、定期的に、政令で定めるもの(施行令第36条)にあっては乙種第6類の消防設備士又は第1種消防設備点検資格者に点検させ、その他のものにあっては自ら点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告しなければならない。
(2) 点検の内容と期間(平成16年5月31日消防庁告示9号・平成22年12月22日消防庁告示第24号)
消防法第17条の3の3の規定による消火器の点検は、機器点検により、6ヶ月に1回以上行うものとする。機器点検の項目内容は下記のようになっている。
  • ・設置状況
  • ・消火器の外形
  • ・消火器の内部および機能
  • ・消火器の耐圧性能
(3) 点検結果の記録及び報告期間(施行規則第31条の6)
防火対象物の関係者は、点検を行った結果を維持台帳に記録するとともに、表-1に従い、期間ごとに消防長又は消防署長に報告しなければならない。
(4) 防火対象物の別と点検の対象範囲(施行令第36条第2項)
法定資格者が点検しなければならない防火対象物は表-1に掲げる防火対象物とする。
注意メモ

消火器は定期的に点検してください。「設計標準使用期限」以内といえども消防法に基づく法定資格者(乙種第6類消防設備士・第1種消防設備点検資格者)による定期的な点検を受け、異常のあるものは適切な整備を行ってください。

機器点検のポイント
  • ・安全栓及び安全栓封印シールが付いているか。
  • ・使用済み表示マークが付いているか。(指示圧力計に付いている消火器は、指針が緑色範囲を指しているか)
  • ・本体容器にサビ、キズ、変形(キャップのゆるみ)はないか。
  • ・ホースがホース受け具(ノズルキャッチ)から外れていないか、ノズルキャップが外れていないか、異物の詰まりはない か。
  • ・「設計標準使用期限」または「使用有効期限」が過ぎていないか。
<表-1>[法定資格者が点検をしなければならない防火対象物]
防火対象物の別 点検の対象 点検報告期間
施行令第36条2項 規則第31条の6
1 劇場、映画館、演芸場、観覧場 1,000㎡以上
又は特定1階段のもの
1年に1回
公会堂、集会場
2 キャバレー、カフェー、ナイトクラブ等
遊技場、ダンスホール
性風俗関連特殊営業を営む店舗
カラオケボックス等
3 待合、料理店等
飲食店
4   百貨店、マーケット、展示場
5 旅館、ホテル、宿泊所
寄宿舎、下宿、共同住宅 ※1,000㎡以上 3年に1回
6 病院、診療所、助産所 1,000㎡以上
又は特定1階段以上のもの
1年に1回
社会福祉施設の内 特定施設
社会福祉施設の内 非特定施設
幼稚園、盲聾学校、養護学校
7   小中学校、高校、大学等 ※1,000㎡以上 3年に1回
8   図書館、博物館、美術館等
9 蒸気浴場、熱気浴場等 1,000㎡以上又は特定1階段以上のもの 1年に1回
上記以外の公衆浴場 ※1,000㎡以上 3年に1回
10   停車場、船舶航空機発着場
11   神社、寺院、教会等
12 工場、作業所
映画スタジオ、テレビスタジオ
13 自動車車庫、駐車場
飛行機、回転翼航空機の格納庫
14   倉庫
15   前各項に該当しない事業所
16 特定複合用途防火対象物 1,000㎡以上 1年に1回
上記以外の防火複合用途対象物 ※1,000㎡以上 3年に1回
16の2   地下街 1,000㎡以上 1年に1回
16の3   準地下街
17   重要文化財等の建造物 ※1,000㎡以上 3年に1回
18   延長50メートル以上のアーケード

※消防長又は消防署長が火災予防上必要があると認め指定するもの。の色つきは、特定防火対象物をいう。