• HOME
  • 会社案内
  • 事業案内
  • 法令改正
  • リンク集
  • お問い合わせ
創業から100年以上。火災対策のスペシャリストである、初田製作所のグループ会社です。
消火設備の容器弁には、機器点検が必要です。「容器弁の安全性」点検について
2011年 消火器の省令改正等のポイント 1.規格改正による型式失効 2.点検基準改正 3.リサイクルシール有料化
万が一の火災を24時間監視いざという時にはフルオートで自動消火 自動消火システムCABINEXシリーズ

株式会社ハツタテクノ

本社 東京都港区芝大門1-5-10
TEL 03-6452-9803
FAX 03-6452-9833

事業所案内はこちら >

法令改正

消防用設備等の点検及び報告

消防設備士等が点検できる消防用設備等

消防用設備等の種類・点検内容に応じた点検期間及び消防設備士又は消防設備点検資格者が点検を行うことができる消防用設備等の種類は、消防庁長官が定めることとされており(規則第31条の6第5項)、次表のように告示されている(平成16年消防庁告示第9号、第10号)。

消防用設備等の種類別点検資格・点検期間
消防用設備等の種類 点検資格 点検期間
消防設備士(甲種・乙種)
※6、7類は乙種のみ
消防設備
点検資格者
機器点検 総合点検



消火器及び簡易消火用具 第6類 第1種 6月  
屋内消火栓設備 第1類 1年
スプリンクラー設備
水噴霧消火設備
泡消火設備 第2類
不活性ガス消火設備 第3類
ハロゲン化物消火設備
粉末消火設備
屋外消火栓設備 第1類
動力消防ポンプ設備 第1類・第2類
パッケージ型消火設備及びパッケージ型自動消火設備 第1類・第2類・第3類
共同住宅用スプリンクラー設備 第1類



自動火災報知設備 第4類 第2種
ガス漏れ火災警報設備
漏電火災警報器 第7類
消防機関へ通報する火災報知設備 第4類  
非常警報器具及び非常警報設備 第4類・第7類 1年
共同住宅用自動火災報知設備 第4類 第2種
住戸用自動火災報知設備
共同住宅用非常警報設備 第4類・第7類



すべり台、避難はしご、救助袋、緩降機、避難橋その他の避難器具 第5類
誘導灯及び誘導標識 第4類・第7類
(電気工事士又は電気主任技術者の
免状の交付を受けている者で)
 



防火水槽又はこれに代わる貯水池その他の用水 第1類・第2類 第1種  









排煙設備 第4類・第7類 第2種 1年
連結散水設備 第1類・第2類 第1種
連結送水管
非常コンセント設備 第4類・第7類 第2種  
無線通信補助設備
共同住宅用連結送水管 第1類・第2類 第1種 1年
共同住宅用非常コンセント設置 第4類・第7類 第2種  
特定小規模施設用自動火災報知設備



非常電源専用受電設備 当該非常電源、配線又は総合操作盤が附置される
各消防用設備等の点検資格を有する者
1年
蓄電池設備
自家発電設備
燃料電池設備
配線  
総合操作盤 6月
特殊消防用設備等 甲種特類 特種 設備等設置維持計画に定める
点検の期間

また、点検の期間は、告示に定める定期点検のほか防火管理者等による自主点検が随時行われることを期待して定められたものである(昭和50年消防予第39号)。