• HOME
  • 会社案内
  • 事業案内
  • 法令改正
  • リンク集
  • お問い合わせ
創業から100年以上。火災対策のスペシャリストである、初田製作所のグループ会社です。
消火設備の容器弁には、機器点検が必要です。「容器弁の安全性」点検について
2011年 消火器の省令改正等のポイント 1.規格改正による型式失効 2.点検基準改正 3.リサイクルシール有料化
万が一の火災を24時間監視いざという時にはフルオートで自動消火 自動消火システムCABINEXシリーズ

株式会社ハツタテクノ

本社 東京都港区芝大門1-5-10
TEL 03-6452-9803
FAX 03-6452-9833

事業所案内はこちら >

法令改正

第10条関係

危険物指定数量
別表第三(危険物政令 第1条の11関係)
類 別 品  名 性  質 指定数量
第一類   第一種酸化性固体 50kg
  第二種酸化性固体 300kg
  第三種酸化性固体 1,000kg
第二類 硫化りん   100kg
赤りん   100kg
硫黄   100kg
  第一種可燃性固体 100kg
鉄粉   500kg
  第二種可燃性固体 500kg
引火性固体   1,000kg
第三類 カリウム   10kg
ナトリウム   10kg
アルキルアルミニウム   10kg
アルキルリチウム   10kg
  第一種自然発火性
物質及び禁水性物質
10kg
黄りん   20kg
  第二種自然発火性
物質及び禁水性物質
50kg
  第三種自然発火性
物質及び禁水性物質
300kg
第四類 特殊引火物   50ℓ
第一石油類 非水溶性液体 200ℓ
水溶性液体 400ℓ
アルコール類   400ℓ
第二石油類 非水溶性液体 1,000ℓ
水溶性液体 2,000ℓ
第三石油類 非水溶性液体 2,000ℓ
水溶性液体 4,000ℓ
第四石油類   6,000ℓ
動植物油類   10,000ℓ
第五類   第一種自己反応性物質 10kg
  第二種自己反応性物質 100kg
第六類     300kg

備考

※1.第一種酸化性固体とは、粉粒状の物品にあっては次のイに掲げる性状を示すもの、その他物品にあっては次のイ及びロに掲げる性状を示すものであることをいう。

イ 臭素酸カリウムを標準物質とする第1条の3第2項の燃焼試験において同項第2号の燃焼時間が同項第1号の燃焼時間と等しいか若しくはこれより短いこと又は塩素酸カリウムを標準物質とする同条第6項の落球式打撃感度試験において試験物品と赤りんとの混合物の爆発する確率が50%以上であること。

ロ 第1条の3第1項に規定する大量燃焼試験において同条第3項第2号の燃焼時間が同項第1号の燃焼時間と等しいか又はこれより短いこと及び同条第7項の鉄管試験において鉄管が完全に裂けること。

※2.第二種酸化性固体とは、粉粒状の物品にあっては次のイに掲げる性状を示すもの、その他の物品にあっては次のイ及びロに掲げる性状を示すもので、第一種酸化性固体以外のものであることをいう。

イ 第1条の3第1項に規定する燃焼試験において同条第2項第2号の燃焼時間が同項第1号の燃焼時間と等しいか又はこれより短いこと及び同条第5項に規定する落球式打撃感度試験において試験物品と赤りんとの混合物の爆発する確率が50%以上であること。

ロ 前号ロに掲げる性状

※3.第三種酸化性固体とは、第一種酸化性固体又は第二種酸化性固体以外のものであることをいう。

※4.第一種可燃性固体とは、第1条の4第2項の小ガス炎着火試験において試験物品が三秒以内に着火し、かつ、燃焼を継続するものであることをいう。

※5.第二種可燃性固体とは、第一種可燃性固体以外のものであることをいう。

※6.第一種自然発火性物質及び禁水性物質とは、第1条の5第2項の自然発火性試験において試験物品が発火するもの又は同条第5項の水との反応性試験において発生するガスが発火するものであることをいう。

※7.第二種自然発火性物質及び禁水性物質とは、第1条の5第2項の自然発火性試験において試験物品がろ紙を焦がすもの又は同条5項の水との反応性試験において発生するガスが着火するもので、第一種自然発火性物質及び禁水性物質以外のものであることをいう。

※8.第三種自然発火性物質及び禁水性物質とは、第一種自然発火性物質及び禁水性物質又は第二種自然発火性物質及び禁水性物質以外のものであることをいう。

※9.非水溶性液体とは、水溶性液体以外のものであることをいう。

※10.水溶性液体とは、一気圧において、温度20度で同容量の純水と緩やかにかき混ぜた場合に、流動がおさまった後も当該混合液が均一な外観を維持するものであることをいう。

※11.第一種自己反応性物質とは、孔径が9ミリメートルのオリフィス板を用いて行う第1条の7第5項の圧力容器試験において破裂板が破裂するものであることをいう。

※12.第二種自己反応性物質とは、第一種自己反応性物質以外のものであることをいう。