• HOME
  • 会社案内
  • 事業案内
  • 法令改正
  • リンク集
  • お問い合わせ
創業から100年以上。火災対策のスペシャリストである、初田製作所のグループ会社です。
消火設備の容器弁には、機器点検が必要です。「容器弁の安全性」点検について
2011年 消火器の省令改正等のポイント 1.規格改正による型式失効 2.点検基準改正 3.リサイクルシール有料化
万が一の火災を24時間監視いざという時にはフルオートで自動消火 自動消火システムCABINEXシリーズ

株式会社ハツタテクノ

本社 東京都港区芝大門1-5-10
TEL 03-6452-9803
FAX 03-6452-9833

事業所案内はこちら >

法令改正

危険物施設(消防法第10条)

消火設備の適応基準
別表第五 (危険物政令第20条関係)
消火設備の区分 対象物の区分












第一類の
危険物
第二類の
危険物
第三類の
危険物



























も の






















れ か を

































第 二

の 危















第一種 屋内消火栓設備又は屋外消火栓設備          
第二種 スプリンクラー設備          
第三種 水蒸気消火設備又は水噴霧消火設備      
泡消火設備        
不活性ガス消火設備                  
ハロゲン化物消火設備                  





りん酸塩類等を使用するもの          
炭酸水素塩類等を使用するもの            
その他のもの                  
第四種又は第五種 棒状の水を放射する消火器          
霧状の水を放射する消火器        
棒状の強化液を放射する消火器          
霧状の強化液を放射する消火器      
泡を放射する消火器        
二酸化炭素を放射する消火器                  
ハロゲン化物を放射する消火器                  
消火粉末を放射する消火器 りん酸塩類等を使用するもの          
炭酸水素塩類等を使用するもの            
その他のもの                  
第五種 水バケツ又は水槽          
乾燥砂    
膨張ひる石又は膨張真珠岩    

備考

  1. ○印は対象物の区分の欄に掲げる建築物その他の工作物、電気設備及び第一類から第六類までの危険物に、当該各項に掲げる第一種から第五種までの消火設備がそれぞれ適応するものであることを示す。
  2. 消火器は、第四種の消火設備については大型のものをいい、第五種の消火設備については小型のものをいう。
  3. りん酸塩類等とは、りん酸塩類、硫酸塩類その他防炎性を有する薬剤をいう。
  4. 炭酸水素塩類等とは、炭酸水素塩類及び炭酸水素塩類と尿素との反応生成物をいう。